• 6次産業支援 農商水産業支援 起業家支援 サポート

≪おおむら農援隊:創設プロジェクト≫

【概要】 テーマ『農と共に生きる】
市内の農家では、高齢化・担い手不足・経営不振など様々な問題から断腸の思いで耕作を断念するケースが各地で発生しています。その対策に行政や関連団体は懸命な支援を行っていますが、その努力以上の速さで衰退は進行してます。

 

【結果と波及効果】
農援隊活動は、農作業の人出不足の解消だけでなく、ボランテイアと農家そして、地域社会においても様々な効果をもたらします。

実施内容】
《ミッション》「援農ボランテイア活動から地域のイノベーションを起こす。」
イノベーションとは、新結合。多様性や個を尊重し合う文化をなじませることで農業は変わる。いや、変えなければいけないのです。
継続的な活動を実現する基盤は、双方の意識調査から具体的な環境調査と実証実験が重要です。その結果から双方の満足の最大ポイントを探求し施策を実行します。

 

おおむら農援隊:システム図
事務局は、身近なLINEで情報を双方へ発信し適切な管理を行います。
作業情報発信)→(サポート)→(マッチング)→(作業実施)→(完了検査)→(請求)→(集金)→(振込)

【おおむら農援隊システム構築】
食と農の創造協議会は、次の構成メンバーで援農活動の推進や持続可能な農村づくりを目指します。