• 「大きな事業より、強い事業を創る」 支援団体です

《変化から進化へ》

 多くの事業者様は、すでに実感されていると思いますが、新型コロナ感染症を機に時代は大きく変わりました。

では、『ご自身の経営は変わりましたか?』

 「まだ変わってない」「変えたい」と思うならば、今すぐ、行動をおこすキッカケを見つけ経営を変え、事業を進化させて欲しいのです。これは言うほど簡単なものではありませんが、今、やるしかない状況なのです。進化論(チャールズ・ダーウィン)の一節では、「強いモノが生き残るのではなく、その環境に変化、対応したモノが生き残る。」とあります。これは、ビジネスの世界でも同じです。
 では、「進化とは何か?」それは方向性を持って変化させることです。目指すべき未来に向かって、過去の手段を改め、手放し、持ち替えていくことです。「とりあえず」「様子をみてから」と言っている場合ではありません。現在(いま)が、あるべき未来像に向かって変化をおこし進化する基点にする時なのですから。  明日からではなく、今しかないという覚悟をもってください。
 また、事業を変化させる時の注意点は、「経営の見える化」ができているかを点検しなければなりません。これがなければ大切なモノまで手放してしまう危険があります。これは、お金やヒト以外にも経営理念なども含みます。(経営理念は、時代の荒波を航行する為の羅針盤です)
 もし、「業務の見える化」ができていれば、事業本来の目的を変えずに手段だけを変えることができます。限られたヒト・モノ・カネを有効に活用し生産性をあげる方法論が生まれてきます。今、何をやるべきかを悩む必要もありません。

そのためにも「業務の見える化」をぜひ実践してください。そこには事業の大小は関係ありません。どんな業種業態であっても実践すべき経営の原点なのですから。

 そこから、必ず変化する勇気が湧いてくると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です